PG WORKS

PHPやLinuxサーバなどのノウハウや、便利なツールを紹介していきます。

【PHP】海外の日付を取得

海外の時間を取得して実行するプログラムを作っていたときがあったので、
引数で記号を入れると、その国の時間が取れるように関数化してみました。

海外の日付を取得するプログラム

<?php
function getDateCountry( $cy ) {
  switch( $cy ) {
    case "LA":
      $est = new DateTime('now',new DateTimeZone('America/Los_Angeles'));
    break;
    case "NY":
      $est = new DateTime('now',new DateTimeZone('America/New_York'));
    break;
    case "DU":
      $est = new DateTime('now',new DateTimeZone('Europe/Dublin'));
    break;
   }
   return $est->format("Y-m-d H:i:s");
}
?>

今回記載したサンプルでは、3つ分の都市の時間が取れますが、他の国の日付を取得したいときは「case」文で追加していく形になります。

めったに使うことはないかもしれませんが、省略して記述できるように最適化するのもいいですね。