PG WORKS

PHPやLinuxサーバなどのノウハウや、便利なツールを紹介していきます。

【ヒストリー】プログラムができないのにプログラマーになった人生

私自身、まともにプログラムを組むことができなかった時期が長かったので、できなかったときの思い出と、出来るようになったきっかけをブログに書き留めたいと思います。

専門学校でプログラムを学び、プログラムの世界に飛び込んでいったのですが、何を学んでも理解ができなくて、嫌になった時期がありました。

先輩に頼るしかなかった時期

先輩に「どこがわからないの?」と聞かれるのですが、何をどう説明したらいいのか、わからない。。。わからなさすぎて「いや・・・・すいません。」の言葉しかでませんでした。

このときの技量は、サンプルを少し改良する程度のことはできるものの、サンプルを応用したり、自分でアルゴリズムを考えて作ることができませんでした。

期限に間に合わせるために必死になる

納期に間に合わせるために、先輩に迷惑かけながらもやっていくのですが、できない自分に対してのストレスを感じてました。

なんのためにこの仕事をやろうと思ったのかな・・・もっとまじめに勉強してしていれば・・・などマイナス思考なことしか思い浮かばず、どん底まで落ち込みました。

なんでだろう・・・なんでできないの・・・

あるとき、その時勤めていた会社の社長から、きつい一言を言われました。(今だとパワハラ



「君ね。問題外だから、このままだと辞めてもらうことになるよ」



もうね。「ハハ・・・」って感じでしたよ・・・

ダメかなと思ったときに・・・

f:id:zen6a:20150826235217j:plain

あるゲームを作ることになったときに、どうしてもうまく組めなくて悩んでました。

いつも帰り道に、一から仕組みを見直し、どうやったらうまく動かせるのか、頭の中で想像していたその時。

たくさんの花が一斉に咲くように、悩みが解消していく考えができるようになりました。
(ランチの帰りに、ひらめいた記憶がいまだに覚えてる。。。)

徐々にプログラムが理解できるようになった

それ以降は、他のプログラムでも組めるようになり、今の自分があるわけですが、あのひらめきがなければ、プログラマーという道は諦めてたかと思います。

苦しもがきながらも、続けきったからこそ、ひらめいた出来事だったのかもしれません。