PG WORKS

PHPやLinuxサーバなどのノウハウや、便利なツールを紹介していきます。

エックスサーバーにComposerをインストールする方法

いつもはさくらVPSを使っているのですが、今回新しくエックスサーバーを契約してみました。

Carbon(カーボン)という日付処理が簡単にできるライブラリを使用するには、Composer(コンポーザー)が必要になりましたので、インストール手順を掲載したいと思います。

最初に、エックスサーバーのサーバーパネルにログインして、SSHで操作できるように設定をONにします。

次に、公開鍵認証用鍵ペアの生成ページから、パスフレーズ(お好きなパスワード)を入力して、「公開鍵認証用の鍵ペア生成」ボタンを押します。
※「.key」という拡張子のファイルがダウンロードがされます。

SSHの使い方(Tera Term)

SSHにログインするためには、「Tera Term」というソフトウェアを使います。
macの場合、付属のターミナルソフトでもログイン可能です。
osdn.jp

そのまま「Tera Term」を開いてもいいですが、SSHを自動ログインすることができるマクロを組み込めるため、下記のサイト様を参考にマクロを作成します。

www.j-oosk.com

作成後は、TeraTermをダウンロード時に一緒に付属している、「ttpmacro」から、マクロファイル「.ttl」を開き、ログインできれば完了です。

mac付属のターミナル接続方法

これも調べたら、下記のサイト様から設定手順が記載されてましたので紹介します。

ssh 接続を簡単にする ~/.ssh/config | dogmap.jp

私の場合、「.ssh」のフォルダがなかったため、「mkdir」コマンドでフォルダを作成してから、ssh_configファイルを作成しました。

SSHにログイン後、下記のコマンドを実行します。
※「composer」をインストールする前に、インストール先のフォルダを作ってから、上記のコマンドを実行したほうが、管理しやすいと思います。

// ディレクトリの作成
mkdir carbon

//「/carbon」ディレクトリに移動
cd /carbon

// composerのダウンロード
curl -sS https://getcomposer.org/installer | /usr/bin/php5.6

※「/usr/bin/php5.6」はPHPのバージョンによって異なるため、XSERVERのサーバ情報のコマンドパス一覧から確認。

下記のメッセージが表示されていれば、完了です。

「Composer successfully installed to: /home/XXX/composer.phar」

インストールしても何も動かないので追記w

Carbonのインストールまでこの記事に書いていきたいと思います。

まずは、composerをダウンロードしたディレクトリに移動します。

// ディレクトリ移動
cd /carbon

Linuxコマンドと同様に、composerと入力するだけで動くように設定します。

// ディレクトリの作成
mkdir ~/bin

// composer.pharの移動と名前変更
mv composer.phar ~/bin/composer

// 動作テスト
composer

下記の文字が表示されれば、正常に動作しています。
f:id:zen6a:20160302222245p:plain

最後に下記のコマンドで、carbonをダウンロードします。
※そのままコマンドを実行すると、現在のディレクトリにダウンロードされてしまうため、コマンド実行前にcdで移動します。

cd /bin

composer require nesbot/carbon

「vendor」というフォルダがあれば、ダウンロード成功していると思います。

次の記事で、carbonの使い方を公開したいと思います。

strtotimeよりも便利なので、前回の記事のcarbon版でサンプルプログラムを公開したいと思います。